読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の雲ゆき

目標は後悔しない日々を送ること

親知らずを抜きました

雑記

 詰め物が外れて歯医者さんに10年ぶりくらいに行ったら「親知らず抜いた方がいいよ」と言われてしまいました。

 実はこの年まで、親知らずを抜いたことがありません。
 10年前、この親知らずの虫歯を治療したとき言われたのは「普通なら抜くところだけど、しっかり生えてて噛み合わせも合ってるから抜く必要はないよ」ということでした。が、10年たって、詰めたところのキワが虫歯になり、それだけならちょこっと削って詰めてもいいけど「親知らずが伸びて微妙に段差ができて、その部分に食べカスがつまって虫歯になりやすい、なので他の歯のために抜くのがベスト」だということ。加齢によって歯茎がへたって歯が伸びたようになっているのではなく、ホントに伸びてるんだそうな。歯って、年取っても伸びるんだ、という事実にびっくり。そういうのって、ネズミの類だけじゃないんだね。

 歯医者さんで抜歯は子どもの頃以来。診察台のあの椅子に座って、レントゲン見ながら先生(長谷川博己綾野剛を足して2で割ってちょっと小さくしたような感じ)がニコニコしながら「根っこががっしり生えてるから、かなり力入れないと抜けないかもしれない」とか言うから、内心びびりまくっていましたが、麻酔かけたところから15分くらいで完了しました。今は麻酔が切れてちょっと痛いですが、耐えられないほどではないです。今日抜いたのは右下。で、あと左下が待っています。