読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の雲ゆき

目標は後悔しない日々を送ること

おんな城主直虎/第12回 感想

きれいさっぱり誰もいなくなってしまいました。残ったのは女子と坊主だけでした。虎松の後見ですが、残った人々の中では、もしかして千賀母上が一番適任なのではないだろうか。 直親と従者の亡骸を前に、しのは八つ当たり的に次郎のせいにし次郎は自虐状態。…

おんな城主直虎/第10回 感想

直親と政次が多少は本音で話せるようになりました。幼なじみに戻りつつあります。次郎も人目につく働きはなくても、立派な竜宮小僧でした。細かい気遣いの積み重ねで人を動かす、直盛父上はこんな当主だったのかも。 奥山父が亡くなったことで、直親は実父の…

おんな城主直虎/第9回 感想

哀しみをかみしめる暇もなく、案の定もめる井伊谷。これでは殿が浮かばれない。 そんな中でも凛とした千賀母上。涙を見せずに殿の首をきれいに整え、討ち死にした家臣の家族を心配し文を送る。そんな母上宛てに慰めやお悔やみの文を送る人は誰だろうと考えて…

おんな城主直虎/第8回 感想

次郎法師だけは死にそうな目にあいましたが、井伊谷は全体的にまったりモードでした。閉じた世界での一族内騒動。跡継ぎができるかどうかは確かに重大問題ですが、他所との駆け引きではないから。 刃物ちらついたりして物騒だけど、あまり陰湿な感じにならな…

おんな城主直虎/第7回 感想

地味に心が削られる回でした。表面的には鶴の機転のおかげで井伊谷は大事には至りませんでしたが、鶴の心にプチっプチっと亀裂が入っていく音が聞こえます。 亀、見下げ果てた男だ。まるでブラック企業の管理職のよう。今川の監査役に隠し帳簿を見せても見せ…

おんな城主直虎/第6回 感想

直親、見た目は人当たり良く爽やかな青年、でも昔ほどピュアじゃない。それでいて無自覚で無神経。無自覚ってのが一番タチが悪い。意識して爽やかな青年を演じている部分もありそうです。が、にっこり笑って超えちゃいけない一線を平気で飛び越えるのは、考…

おんな城主直虎/第5回 感想

ラブコメ回でした。このドラマは主人公の年齢に合わせて描くのでしょう。次郎法師が年頃の娘さんだから、ラブコメタッチ。1〜4回は子供のおとわだから、おとぎ話のようにゆったり・ほのぼのしたテンポで。 竹千代、すごいよ、ちゃんと13歳に見えるよ。アッ…

おんな城主直虎/第4回 感想

子役で4回分、ネットでは賛否両論でしたが、私は結構好きでした。もう少し見ていたい気もしましたが、あともうちょっと〜と思うくらいでちょうど良いのかもしれません。おとわのキャラ立てだけでなく、この先の鶴丸のエピソードに説得力を持たせるために、子…

おんな城主直虎/第3回 感想

第3回を見て、今年の大河ドラマは何一つ思うようにならなかった・できなかった人々の群像劇なのかも、という気がしてきました。 井伊家は最終的には勝ち組でも、おとわ個人はままならない人生を歩んだ人だし、ここまでの登場人物は、ほとんど思い通りになら…

「真田丸」最終回フラグクラッシャー・きりちゃんに希望を託してみた

1つ前で書いた、書きたいことが、これです。(pixivで公開している物と同じ内容です)真田丸は2016年の最大の楽しみといってもいいくらいで、ほとんどリアルタイムで観ていました。 茶々様と最終決戦前の源次郎の会話シーン「望みを捨てなかった者にのみ道…