読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の雲ゆき

目標は後悔しない日々を送ること

おんな城主直虎/第20回 感想

先週以上のコメディ回になるとは思いませんでした。
直虎、墨染の衣の時は坊さんらしく思慮深く落ち着いた雰囲気もあったのに(第10回で奥山殿を殺めてしまった政次のため動くときとか)、城主になったらおとわ風味がどーんと強烈になってませんか。

  • 元々今川に関係のあった商人に、あっさり利権を取られてしまった方久。その反応はお笑い風味に描かれていたが、これも終わりの始まりな気がした。
  • 直親の隠し子・高瀬は見た目は百姓娘だけど、妙に頭の回転が良さそう。素直に考えれば、母のユキさんのおかげかなと思うところだが、公式の人物紹介に「その正体は・・・!?」って書いてあって、なんかモヤモヤする。
  • 以前にしのがランクアップするのは直親の隠し子が登場する時じゃないかな、と書いたことがあったが、実際はランクアップというか、直虎と気持ちが通じ合うきっかけになった。御初代様の井戸に向かって直親をなじるしのと直虎がなぜが清々しかった。
  • とはいえ、ただ直親を堕とすだけじゃなくて、しのが「寂しかったのだろう」とさらっと言っていたのが感慨深い。自分の嫉妬心を認めつつ、今は相手の立場も思いやれるんだな。
  • 逃亡中でいつ命がなくなってもおかしくない日々なら刹那的な行動に走っても仕方ないし、あの時代の人として子孫を残したい気持ちもわからないではないさ、直親。ダメだったのはリップサービスが過ぎたことだ。
    その時その場では相手に対してサービスとか嘘をつくとかいう意識はなく、その瞬間の気持ちに(後先考えず)正直なんだろう。けど全力で歯の浮くようなことを言うから……。
  • 井伊に帰還した時、事実を告白したとして、おとわは少々面白くないかもしれないけど、ほかの人々はそれなりに理解してくれそうだけど。亡くなった時のキラキラ王子様キャラよりは、ある意味、親しみやすくなった。
  • 直虎と政次の囲碁のシーン、あれっぽっちじゃなく、何ならたわいない会話を繋いで15分くらい尺を取ってくれてもいいのよ。

常慶を目にした時の高瀬の表情が気になります。何か隠してることがありそう。

おんな城主直虎/第19回 感想

コメディ回で、なんだかみんな可愛かったです。最初から最後までわいわい言い合いしてるのに遠慮がなくなって、どんなに喧嘩腰でも視聴者は笑って見ていられる幸せ。井伊谷の外では不穏な空気が漂っているけど。

  • 今川館で氏真の御前に並んだ方久と政次。どちらも知恵の回る同士だけど、性格の違いが面白かった。意味なし軽口の方久を無理やり押さえつけて、太守様に頭を下げさせる政次(苦労人)。これはこれでいいコンビじゃないか。そして相変わらす氏真くんはノリが軽い。
  • 木を盗んだ賊を待ち伏せる直虎、直之、傑山の図が妙に好きです。菰をかぶった小山が3つ〜。
  • 六左と政次の組み合わせも良い。妹が慕ってる義兄上だしね。詰め寄られると六左の人の良さが際立ちますわ。
  • 「女は血など見飽きておるから〜」など、直虎はいつも自分の女性性を否定しないのね。男であったら、と思ったこともあったけど、それでも男になろうとすることもなく女子のまま領主をやっている自己肯定感が羨ましくもまぶしい。傑山が牢屋の盗人に語ったように、お家のためにすべてを差し出す生き方をしてきたけど、自分の根本はしっかり保っている。父上が小さなおとわに「後を継ぐか?」と言ったり、平和になったら辻が花を着せてやりたいと思う人だったからな。
  • などというめんどくさい感想は置いといて、このシーンで鶴と呼び、政次は一人称俺のタメ口になるところが、当然今回最大の萌えポイントでした。

おんな城主直虎/第18回 感想

和尚様がお膳立てしたとはいえ、政次の意図について直虎が自分で気がついた形になったのはよかったです。おとわも鶴も生まれた時から知ってる和尚様だからこそ、ですね。

  • 未完成の種子島を今川に売りつけて形勢逆転どころか、残りの費用まで出させるとは、さすが銭の犬・方久、やるな。ていうか坊っちゃま氏真、ノリが軽すぎないか。
  • なつの政次評「秋の月」美しすぎて、でもあまりにぴったりでしみじみと泣けた。なつは政次に心が動いてるよね。普通なら、政次と再婚しても全然おかしくないのに、そうしたいとは言わないし、近くにいるだけで満足という感じ。プライベートの政次の本心まで全部見抜いているからか。そこまでお見通しとは、さすがに政次も気づいていない気がする。そうすると、井伊谷で最も聡いのはなつなのかも。
  • あんなに弱々しかったのに「武田」の一言で持ち直した寿桂尼、さすが本物の女大名。
  • 直虎が政次の意図を理解し、政次は全てが見透かされたことを知る。それでも昔のように打ち解けた関係には戻れないし、戻ってはいけない。あくまで二人が対立している形を保つことで、井伊の饅頭は3つになった。
  • それでも「嫁に貰ってくれと言っても〜」とか、皮肉めいたことを言わずにおれない政次。繊細な素の心情を、直虎を含む他人からも己の理性からも遠ざけ押し隠すよう。

まだ辛いことも切ないことも色々あるけど、これで直虎とゆかいな仲間たちのメンバーが揃いました。いっそ歴史改変して、この構成のままで関ヶ原まで乗り切れたら……と願わずにいられません。

おんな城主直虎/第17回 感想

もう次回の予告に全部持ってかれてるんですが、しっかり堪能するために今回を振り返ります。

  • やはり脳筋の血筋なのか、直虎。種子島、いくらなんでも殿の一存で配備だの作製だの決めていいのかと思ってたら、最も重要な費用は方久持ちだったでござるよ。あとお百姓に持たせるにしても、訓練はどうするつもりだっんだ。
  • 直虎の虎松への過激な対応、いくら戦国の世とはいえ、それで上手いこといくのかなと思ってたら、あやめの言葉で納得。あれは頭に血が上った父ちゃんなのだ。いいとか悪いとかの問題ではなかった。
    秘策・勝つまでやる、は蹴鞠の時と同じだよね。
  • しのは、最後のシーンで、明確に一つステージが上がった。よかった。きっとどこかで直虎と分かり合える時があるはず。

政次については、今回は伏線張りだったので、次回とまとめて書きたいです。

おんな城主直虎/第16回 感想

気がつくといつの間にか勢力図というか、人の心が変わりつつあるのに、わかってないのが殿だけになってしまいそう。

  • 中野は以前に写経の件で直由が政次に対して「かわいいところもあるではないか」と言ったぐらいなので、直之も同じように自分の目で見た政次を受け入れるのだろう。
  • 六左は考えてみればなつの兄上だった。なつが政次を肯定的に見るなら六左も同様であっても不思議じゃない。
    政次が雑巾で六左の顔を拭いて頭に乗せるシーン、真面目な顔して悪ノリしすぎだが、そういうことをやっても大丈夫な関係性になっているともいえるか。
  • そしてしの。「あまり噛み付いていると頼りをなくす」という政次の言葉を虎松の手習いの一件で受け入れた。嫌々ながらでも、政次の言うことに従ってみた、というのはすごい進展じゃないか。
  • 翻って、直虎が政次を拒否する様子は、ほとんど子供の喧嘩レベルになってきました。
  • 「噂を広めてくれたら今日のお代は要らない」という方久。この場面を見てたら、単純な損得で裏切ることはなさそうな気がしてきた。万が一、手切れがあるとしたら、直虎が真っ当な銭の犬でなくなる(お金の力を軽んじる)時だけじゃないかと。

トーリーとは関係ないですが、私の愛用している100均ハギレのラベルには浜松市の会社が記されています。
綿100%か、綿にポリエステルやポリウレタン少々の混紡で日本製と表記。湯のし前の「きばた」もあるので、多分工場の残反を1m前後に裁断したものじゃないかなと想像してます。意外なところに歴史を感じました。

おんな城主直虎/第15回 感想

色々ありましたが、個人的にはなつさん尊い、に尽きました。

  • しの「自分の言うことは誰も聞かない」って、自覚あったのね。切ない。妹の方は夫に愛されていたし、出来る女子だし……。長女としても正室としても厳しいことばっかりだわ。だからと言って、仏頂面でいて良い訳はないけど。しのにも何かステージが上がる機会があるといいなぁ。
    と書いていたら
    今後、直親の隠し子騒動があることを思い出した(どこかの予告編で見たような)。ここらへんで何かどうにかならないだろうか。
  • なつがとうとう義兄上の意図に気がついた! これで政次は不憫なままで終わらないこと確定、でよさそうですね。
    和尚様はやはり最初からお見通しでした。傑山も分かっていそう。厠に付いていく云々のあたり、大げさというか不自然な感じだったのは、政次を疑っている芝居をしているからかな、と。
    政次は誰にも自分の意図を知られていないと思っていそう。悪人ぶっていながら、実はお寺関係者には本心バレバレとか、なんか可愛いじゃないか。
  • 直之・無双。直親のお伴をしてたら、もしかして歴史が変わったんじゃないか。
  • 寿桂尼と直虎の対決がメインかと思いきや、最後の数分だけだったが、清々しく終わった。寿桂尼は立場を抜きにすれば、多分おとわみたいな娘は嫌いではないんだろう。

次回のサブタイトル、放送を見てたときは、綿花栽培するんだーと素直に思っただけでした。が、音にするとすごい脱力もののダジャレでした。

おんな城主直虎/第14回 感想

 こんなに前向きな感じで終わった回はなかったのではないでしょうか。

  • だが、しのは相変わらず。祐椿尼への対応もあんまりで、正室の役割も井伊の未来も何にも考えてなさそう。直虎、直親との三角関係についてはしのに同情する。が、母がこんな情けない有様では、虎松がかわいそうとは思わないのか。
  • 方久をどこまで信じられるか問題。直虎は「目の前の借金より、先々まで考えろ」と百姓たちに言った。
    瀬戸と祝田は方久の所領になったから、きちんと年貢が取れるように百姓の面倒を見る。褒美の金で魚を買ってわらしべ長者よろしく解死人から成り上がった男だから、目先の小金より10年20年先の富を取るだろう。ってことで方久に良心があろうがなかろうが、信用は案外できるんじゃないかと思う。直虎が方久の善意は信用してなくても、金への嗅覚は信用してるところは現実的でよかった。
  • 六左衛門が仲間になった!
  • 最後のシーン、政次と禰宜のやり取り「知っておる、昔から」の微妙な間に萌えたのは当然のこととして……
    政次に言いたい! 政の苦労を経験した直虎なら、最初からきちんと説明すれば分かってくれるよ。直虎の本質を昔から知ってるというなら、いささか直情的ではあるが決して道理のわからない人ではないってことも知ってるよね。一人より二>六左衛門も入れれば三人)の方がもっとうまくいくよ。でも、一人で全部背負おうとするのが政次なんだよね。

次回予告はまたしても不穏なムードでしたが、サブタイトルが「ゴジラ対メカゴジラ」みたいなんですが。重苦しい回じゃないってこと?