明日の雲ゆき

最近は大河ドラマの感想ばかりです。

おんな城主直虎/第29回 感想

しのと虎松の回でした。直親にすけこまされ同盟の直虎と張り合う必要がなくなって、しのは憑き物が落ちたように感じました。

  • 直親も先走りして墓穴を掘ったので、大丈夫か直虎と思ってたら、やはりしくじった模様。人質お願いに直虎が対面した時のしのの正論が突き刺さる。つい突っ走ってしまうところは井伊家の血筋なのか。
    すっかりできるお方様になったしのだけど、頭を下げようとする直虎のでこを手のひらでピシッと押し返す仕草はコミカルで、昔の彼女を思い起こさせる。この場面が変に湿っぽくなりすぎなくて、いい感じ。
  • しのが人質にならずに済む方策を考える虎松と、その話に耳を傾ける直虎。お堂の前に座り込む二人は、仕草も表情もなんだか妙に似ていて、親子というより姉弟のように見えた。
  • 本当は嫁ぎたくない、と虎松に語ってみせることが、しのが最後に最愛の息子にしてやれる教育でした。そして、嫁ぐことが直親の志を継ぐことだ、というセリフで涙腺決壊でありました。
  • 徳川が攻めてきたら城は明け渡すが兵は出さない、戦で民百姓を一人たりとも殺させないと言う直虎。出家して竜宮小僧をやって、桶狭間があって、家中に男子がいなくなり、徳政令拒否から新しい産業を興して、龍雲丸と出会って……と、これだけの積み重ねがあるから、綺麗事で言ってるのではない、現実を見据えた目標なのだとわかる。たぶん直虎の性格からして妥協したりはしない。だからその代わりに差し出されるのが政次、とか?

しのとなつ、やっぱり姉妹だったのね、と納得。しのにとっておとわの存在がどれほどプレッシャーだったのか、思い知らされた回でもありました。

 

おんな城主直虎/第28回 感想

デスノートがまさしくデスノートでした。

  • 今回の始まりは、未来への夢と希望が詰まった、新築祝いの場面。ムダに史実をググったりしなければ、陽気な気賀の町衆や中村屋、銭の犬の道を正しく邁進しようとする方久や、穏やかな表情の龍雲丸の様子を堪能できたのにな。
  • 寿桂尼と信玄の交渉シーンは物の怪対決、正統派の大河ドラマのようだった。この信玄に、沸点の低い氏真ぼっちゃんでは相手になるはずもなく。
    しかし、義元が亡くなってから、孫に太守教育を寿桂尼が施すことはなかったのだろうか。あんまりダメだと、自分で動いたほうが早いとか、つい考えたくもなるか。あれほど冷徹な寿桂尼が、孫にはなんとなく甘いところが妙にリアル。
  • 去年の春さんは微妙にポンコツ正室だったけど、今年の春さんはできる女子でした。真摯な言葉を尽くして見事に氏真を立ち直らせた。そして瀕死のばば様のために屋敷中の楽器を集めた宴。
    現実の楽の音と寿桂尼の夢が渾然一体となった映像に亡き義元が。龍王丸と顔を見合わせて笑ってる。無表情な白塗りは外向きの顔だったのね。これなら氏真だって、今川の家を潰したくはないはずだ。
  • と、今川家に色々あってから、直虎に駿府へのお呼びがかかる。今回ばかりは直虎の成長が恨めしい。直親の一件を問われて、もっとアホな回答をしていたら、デスノートの直虎の名に朱墨のバッテンは付かなかったかな。けど彼女がアホな子のままだったら井伊谷は早々に乗っ取られていたかも、なのでどちらにせよ物騒なことになったのかも。
    主家への忠義といえば聞こえはいいが、結局は面倒くさいことにならないイエスマンだけを残すって事は、ジリ貧になるばかりじゃないか。粛清を繰り返す主にまともな人がついてくるはずもなく、見終わって色々考えてたら、寿桂尼の陰に滑稽さと哀しみを思ってしまった。

直虎が綿布の贈り物をし、寿桂尼が「そなたが娘であったら」と言ったあたりは、普通にいい話で終わるかと思いきや、デスノート登場で最高に凄惨な終わりかたでした。義元と同じ仕草で処刑を命じる氏真。あの部屋の床板はどれだけの血を吸い込んでいるのでしょう。

おんな城主直虎/第27回 感想

男が誰もいなくなったマイナス地点から、コツコツ積み上げ、とうとうここまで来ました。もう脳筋一族の影はないどころか、誰の恨みも買わずに(去年の昌幸パパとは違う大事なポイントだと思うの)まんまと城を手に入れるって、真田家より上を行ってるんじゃないか。

  • 方久、有能。策や言葉を操る有能さではなく、人を見る目があるのね。ああいう風に持っていけば関口様が堕ちるとわかっていた。相手を間違うと不興を買うところだ。
  • 今週のクライマックスは、何と言っても「おとわが気賀を取ったぞ」と、鶴が御初代様の井戸の前で亀に報告するところでしょう。戦をしないで、弱小の井伊が消耗することもなく最高の形。ちょっと前の回で政次が「戦はしないに越したことはない」というような意味のことを言ってた……ような記憶が。
    そして、その様子を和尚様だけがこっそり見ていたところまで込みで、涙腺が刺激されました。もうすぐ政次は退場してしまうのでしょうが、井伊谷を守って、精一杯生きた後に親友の亀に会いに行く、と思えば悲しくない、かもしれない。
  • 辛いな、氏真ぼっちゃん、上の世代が偉大だったから。単なるあほボンだったら、あんなに荒れるはずもない。何だか、間の悪い去年の秀次様を思い出してしまった。
    大方様がいなくなった時が腹をくくる時なのかも。
  • 自由という言葉にどこか縛られていた龍雲丸。今回でこの人の初登場からの心情が腑に落ちました。
  • ピカピカ新築の湖上のお城。開放感があって、真新しい木の香りが漂ってきそう。

次回の「死の帳面」て、誰が誰のことをデスノートに書くのでしょうか。

 

 

おんな城主直虎/第26回 感想

井伊家と家臣団はなんだかんだあっても、みんな揃って同じ方向見ているし、殿のために骨身を惜しまない、という感じになって何週も経ちました。最近この安定感みたいなものに慣らされて、見終わった後に書かずにいられない衝動性が不足中です。でもその分、もうすぐやってくる『その時』が重く感じられるんだろうな。

  • 龍雲丸の思考がお家再興にいかないのは、なぜなのか。城なんかがあるからダメなんだという理屈、分からなくもないけど、何か足りない気もする。武士になるかどうかは別としても、城と運命を共にしたらしい父上について、どう思っていたのか。脇役だし、これ以上掘り下げられることはないのかな。
  • 政次の「お前はどこの領主だ」や打掛の裾を踏んづけて転ばせるところや、直虎の踏まれた打掛を脱ぎ捨てて去ろうとするも、わざわざ引き返し「お下知には背かぬ」と言うところ。人前なのに、すっかりおとわと鶴になってる。もう今更ホントのところをばらしても、誰も驚かない気がする。
    直接自分とこには関係ないけど走り回る直虎は、竜宮小僧の次郎法師を見るようだった。
  • 中村与太夫はじめ気賀の町衆、仲間割れ展開になるとは。どちらの派閥からも仲間はずれの中村屋さんが、何かかわいい。
    直虎が双方をどうにかまとめたが、城主になる大沢様と上手いこと交渉できるのだろうか。そもそも商人が好き勝手やってるから城を作る話になったのに。と、思ってたら方久がとんでもないことを言い出した。
  • 高瀬には聞かせられない庵原様のくせって何なのさ?

予告の荒れ狂った氏真ぼっちゃまが、もしかしたら武田より恐いです。

おんな城主直虎/第25回 感想

恋愛、忠義、家族愛、友情といった単純な言葉では言い尽くせない、いろんな思いが織り合わさった回でした。井伊の家中、劇中時間ではしばらくぶりの龍雲党まで、みんな同じ方向を見ている。

  • お寺で子供たちを相手にしている政次は見ていてホッとする。子供の世代はもう小野の家に関して、引っかかりなどないのかも。そして、ちっこいくせに井伊の赤鬼の片鱗を見せる虎松。
  • なつ、内緒話をするためとはいえ思い切った行動に。心情としては家族愛と恋愛、五分五分くらいなのかな。政次も察しているはず。しかし、これってある意味、政次スケコマシと言えるんじゃないかと。直親みたく、分かりやすくあからさまでないだけで。
  • 俺の手は冷たかろう……は不憫の象徴じゃなく、ほのぼのとドキドキと切なさが合わさったシーンでよかった。
  • ここで主人公がどうにかなるはずがないと分かってるから落ち着いて楽しんでますが、謀反・駿府・申し開きはこれまでの井伊家にとって破滅への3点セット。
    最初の直親パパからのあれこれに始まって、過去の数々の失敗を乗り越え、井伊家と直虎は最悪の事態をひっくり返せるところまでたどり着いたと思うと感慨深い。
  • 氏真坊ちゃん、蹴鞠勝負のことを未だに根に持ってるらしい。でももうイノシシ少女のおとわはいないのだよ。若手の当主としては直虎の方が一段上でしょうか。

次回も中村与太夫の登場があるようで嬉しい。気賀の他の商人たちも、中の人も含めてひと癖ありそうな人々で、とても楽しみです。

おんな城主直虎/第24回 感想

サブタイトルにあった「さよなら」は龍雲丸やたけが井伊を去るということだけでなく、猪突猛進少女おとわとの惜別を指していたのですね。

  • 信長の前で小物感たっぷりの豆狸・家康、いいなぁ。この人がああなってこうなって、ついに太平の世を作るのだと思うと胸熱です。歴史上の人物として徳川はあまり好きではなかったのだが、これ見てたらちょっと宗旨替えしてしまいそう。信長は立居振る舞いといいよく通る声といい、他の登場人物とは完璧に別世界の人って感じ、第六天魔王な信長でした。
  • あんな別れだったのに、井伊を忘れていなかった瀬名様(様を付けずにはいられないたたずまい)。未だに岡崎城に入れず、深夜に殿が訪れてもすぐに帰ってしまう、という状況にあって凛として美しく、竹千代共々この先の運命を思うと泣けてきた。家康にハッパをかけるところは、勢いで押してた昔と違って、静かな力があった。この人も徳川家のため、あえて悪女の汚名を着るのだろうか。
  • 直虎もしのも立派に殿とお方様に。スケコマシ直親と自由人な龍雲丸がきっかけだった?
  • 新野家の桜は今川の家臣の家へ輿入れ。佐奈様のことが頭をよぎる直虎だけど、現在の井伊家は昔のように脳筋の仕切る家ではないから、きっと大丈夫だと思う。で、つい旦那様になる庵原助右衛門を検索してしまった。とりあえず、なんだかんだでしぶとく生き残る人らしい。良かった。
  • 新野家の次女、あやめの嫁ぎ先について直虎と政次が話す場面。直虎が政次と対等に策を語ってる。そして、ここしばらく見ることのできなかった、政次の心の底からの笑み。危なっかしい殿を変則技で支えてきて、家老としては報われたのでしょう。
  • たけ最後のシーンはしみじみと締めるのかと思いきや、梅の登場で笑ってしまった。たけの幽霊で大騒ぎの六左は安定のラブリーさ。
    でもたけの心情や直虎のとの会話は夕日の風景と相まって感慨深かった。お手つきの件とか次郎出家のあたりとか、思い出すと、ホントに遠くへきたなぁ、と。

予告の政次となつ、どういうシチュエーションなんでしょうか。単なる色恋沙汰とは感じられないのですが。

おんな城主直虎/第23回 感想

先週のラストから予告を見て、これはもしかして井伊が周囲から付け入る隙を与える緒になってしまうのかも、と暗い気分だったのですが、全然そんな話ではありませんでした。今回もほのぼの回!

  • 近藤さんに問い詰められて、直虎自爆。フォローする六左。之の字がポメラニアンなら、忠犬・六左は秋田犬。
  • 時間経過や周りの風景からして、近藤さん御一行がやってくることを龍雲丸たちに伝えるため、なつは夜明けとともに山に入った、という感じでしょうか。本当にできた妹です。政次となつは確かに家族になってる。この二人の関係、夫婦っぽいよ派と兄妹だよ派がありますが、私は兄妹派です。政次が直虎を思い続けていることを、聡いなつが気付いていないとは思えないし、そういう気持ちがありながら様々なことを己の胸に収めて井伊のために尽くす兄が好きだし、誇らしいんじゃないかな、と思うわけです。
  • 近藤さんは井伊に付け入るどころか、弱味を作ってしまいました。龍雲丸の読みの確かさと、和尚様の弁舌巧みなこと。
  • 龍雲丸は滅びた武家の子でした。たいていの歴史ドラマは勝者の話だが、勝者より敗者の方がずっと数は多くて、普通の人々なんだよね。井伊への奉公を断ったあたりから、御家を失ってどんな人生を歩んできたのだろうかと妄想が止まりません。
  • その刺繍入り橙色の小袖は若作りすぎないか直虎……と思ったら、普段通りの衣装で登場してホッとした。衣装は平常心でも、態度は怪しさと嬉しさ爆発だったけど。家臣は政次含めて揃って着飾って、どんだけ纏まりがいいんだ。
  • 盗賊団のみんなをもっと見ていたいけど、体制に組み込まれてしまう(いくら直虎がフリーダムな領主とはいえ)と、彼らの良さがなくなってしまいそうだったから、奉公しない道を選んで正解だったのだろう。
    政次の表情が緩んだのは「やはりな」という思いと、自分に正直な生き方を選ぶ龍雲丸を心密かに認めたからかな、と。

ついに次回は歴史が動くようですね。ほのぼの回も終わり、もっと直虎と愉快な仲間たちを見ていたかった。でも瀬名様と信長の登場は楽しみです。